×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


DS-41  HOPE

スペシャルにありがとう! 】 − 2010.05 上旬 −

笑えるかもしれませんが、こどもの日が私の誕生日なんです。。。(^^;
そんで、とってもスペシャルなケーキをいただきましたぁ〜♪(≧∇≦)b

ジャーーーン!!!




ありがとう!ままな〜\( ̄0 ̄)/

明日は頚椎症のMRI検査・・・。
腕がちぎれるほどの痛みで絶不調もいいところだけど、
このケーキ貰ってかなり元気がでましたぁ〜♪(´▽`*)


あともう少しで今年一発目のリレー・フォー・ライフが茨城で開催されます!
    ↓クリック↓



5年程前より一緒にRFLの活動に携わってこられた、またTEAM MOMOのメンバーでもある
MMさんが茨城でRFLを開催するんです!!(屮゚Д゚)屮 スゲェ〜〜〜

実施までは何もお手伝いできなかったけれど、
当日はTEAM MOMOで大いに盛上げようと思います!!(≧∇≦)b







リレー・フォー・ライフ茨城  − 2010.05 下旬 −

2010年5月22日・23日、茨城県つくば市でリレー・フォー・ライフが開催されました。

TEAM MOMOメンバーであるMMさんが実行委員長として開催するRFL。
また、4年前にCPSPが中心となり日本初として行った開催地であるつくば市。
これまで一緒にRFLをやってきた仲間達が集う場所・・・。
参加に対する想い入れはいっぱいあります。

TEAM MOMOは発足4年目ですが、今も尚新たなメンバーが加わったりして
活性化し続けている感じがします。
今年もできる限りリレー・フォー・ライフに参加して皆さんと交流を深めたいと思います。

茨城でのTEAM MOMOの模様です。↓↓ご覧下さ〜い♪(^^)/

    

今年のRFL、やはり自分としては癌から丸5年経過したという事もあり
例年よりも想い出深いものになりそうな予感がします。。。







【 首のヘルニア  − 2010.06 下旬 −

3月上旬から続く右腕・右方・右脇の痛み・・・。
頚椎症と診断され、ボルタレンの座薬を一日2回打ち続けるものの一向に良くならないことから、
痛みを止めるため「ブロック注射」というものをやりました。
首に注射(麻酔薬)を打って痛みを麻痺させる保存療法です。
ブロック注射を行うところはペインクリニックという麻酔科。
首に注射を打つ・・・というちょっとした恐怖感はありますが、
注射を打つことによてしばらく痛みを緩和できるものならば・・・ということで受診しました。
ペインクリニックで問診してもらったところ、注射が効く時間は人によってまちまちであり
効果は数時間だと言われました。
私は首に注射までして神経を麻痺させるのだから、1週間ぐらいは痛みを軽減できるものかな?と
甘い期待を抱いていましたが、そんなに甘くはなさそうです・・・。
まぁ、人によって効果は違うということを少しは期待してブロック注射をやってみることにしました。
自分的には、首に1発注射を打つ・・・それを我慢する・・・ぐらいかな?と勝手に想像していましたが
実際は、首の後ろに4発、前(喉元)に1発と、合計5発の注射を刺すことを
直前に知らされました・・・(−−;
医師曰く、手術をする際に背中に麻酔を打つのと同じぐらいの痛みだ・・・ということを言われたので
肝臓癌摘出手術直前に行った背中の麻酔は全く痛みが無かったのを思い出し非情に安心して
治療に望みました・・・。

・・・が、全然違うやんけ!!(><)
結構痛かった・・・というか、
やはり首に注射することは精神的にもかなり辛いものでした。

・・・で、効果は・・・
あまりありませんでした(T T)
ボルタレンの座薬と同じぐらい、もしくは一時間ぐらい痛みを抑えるのを延長したぐらいの程度。
なので、効果性と首に注射を打つダメージを考えて今度行うことをやめました。

整形外科での診察はもうやることが無くなったので、別の病院に行くことにしました。
ネットで調べてみると、以前人間ドックを行っていた病院に脊椎専門の先生がいることを知り
予約して行ってきました。
レントゲンを撮りましたがイマイチわからなかったので別の日にMRIの検査と診察となりました。。
2週間後、MRIの検査を行い診察を受け病気の詳細が明らかになりました。

病名は、
頚椎椎間板ヘルニア

下のMRI画像の
印の中を見てみると椎間板がはみ出ており、
これが神経を圧迫しているということです。

   

こんな小さな突起が・・・、3ヶ月間私を痛め続けていた・・・ということです。(−−;

・・・で治療方法は、今までと変わりません。
頚椎椎間板ヘルニアに罹る8割の人は3〜4ヶ月間の保存療法で元に戻るケースが
多いということで、私もそうなるであろう・・・という医師の診断でした。
それでもダメなら手術となりますが、今のところは保存療法で耐え抜くしかないとの事。

調べてみたら、この頚椎椎間板ヘルニアに悩まされている芸能人も多いみたいです。
有名どこだと X JapanのYOSIKIさんが手術をされたそうです・・・。
他、大御所でいうと和田アキコさん、杉良太郎さん、織田祐二さん、あとは出川哲郎・・・(笑)

発症して既に3ヶ月経っていますが、考えてみたら発症してピークの4月・5月の頃よりも
少しは痛みが和らいでいる感じがします。
以前の痛みのピーク時を「10」とすると、現在は「8〜7」ぐらい。。。
未だに座薬は1日2回使っているぐらい痛いは痛いのですが、ピーク時に比べたら
だんだんマシになってきている感じで少しだけ希望が持てる様になってきました。
まぁ病名が詳細に分かっただけでも専門医にかかった甲斐はあったかな?と思います。

あと1ヶ月経つと発症から4ヶ月となります。
その頃には痛みから開放されている事を願うばかりです。

万が一、今後全く良くならず頚椎ヘルニアに苦しめられる様であるならば、
このホームページを「肝細胞癌サイト」から「頚椎ヘルニアサイト」にでも変更しようかと思います。(笑)











次へ→
←戻る