×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


DS-44  脱出

6年が経ちました  − 2011.2 上旬 −

あれから6年が経ちました。

「あれ」というのは癌摘出手術のことです。 
昨年、5年経過を迎えて以来、再発への不安みたいなものはすっかり消え失せており
何とか1年を乗り越えた・・・というよりは、
以前より余裕を持って6年経過を向かえた感じがします。

手術直後〜5年を迎えるまでは、毎日癌の事を考えていました。
例えば再発のパターンとその治療方法、それを行った後の生存できる確率や、
自分の身の置き方等々、幾度となく悶々と想いふけったものでした。。。
しかしこの1年間は、癌の事をあまり考える事もなく、
むしろ自分が癌であったことさえも忘れるぐらい日々の生活に没頭してきました。
戒め的に癌に罹った自分を振り返るのはリスクヘッジとして良いことだと思いますが、
それに執着しすぎることは、メンタル的なダメージを考えると返って良くない事ではないかと感じます。

手術後は癌の再発率がかなり高く、
「拾った命だ・・・いつ死んでも良い
的な感覚で生きてきました。
しかし今、私は、新たな人生を歩んでいる・・・という実感を大いに抱いています!
これからも人生を謳歌していくには、先ずは健康第一となるので、
今後とも気をつけていこうと思います。

   

6歳のバースデーケーキ。

あの時は、6歳なんて迎えられないと思っていた・・・。
でも迎えられた。。。

こんな美味しいケーキ、味わえるとは思っていなかった・・・。

                                     ありがとねっ♪







新しい福岡  − 2011.2 下旬 −

2009年から関わらせてもらっているリレー・フォー・ライフin福岡。
2011年度より実行委員長がはるちからYAZAWAさんへ交代となり
ホームページも心機一転とばかり作成しなおしました!(≧∇≦)b
URLも変更していますので、お気に入りへの再登録をお願いしま〜す♪\( ̄0 ̄)/

 GO!です ↓


一新した・・・とは言うものの、
表示の仕方や見方なんかは旧ホームページと変わっていません。。。(^^;
当初、ガラっと変えてみようかとイロイロと考えていましたが、
結局はイイ案が浮かばず試行錯誤の上、
やっぱ、いつも通りのレイアウトの方が見やすいかな???と
あえて激変させずに刷新しました。。。(^^;
<う〜ん、半分言い訳・・・w
現地では直接的な活動はできませんが、遠くからならネット上でお手伝いできる!というワケで
今年も引き続き福岡へ入れ込んじゃおうと思っています!(≧∇≦)b

千葉県民なのに、何故に福岡の実行委員?????
変な話、私の田舎は北海道だし、住んでいる所も関東・・・。
福岡には縁もゆかりもございません。。。思い入れなんかも然程ありません。。。
でも、福岡にそそぎ込みます!
その理由は、ただ一つ・・・やはり人との繋がりだったりします。
はるち、ひろっち、そしてYAZAWAさん達とのご縁の為にやっています。
自分が生き甲斐としてやっているリレー・フォー・ライフへの想いを
彼らが真剣に取り組んでいる所に賛同してそそぎ込む!
・・・そんな感じで福岡でやっているってワケなのです♪(´▽`*)

ココにそそぎ込んでいれば、
これからも元気で生きていける!って感じがするのです♪








ありがとうの5年目  − 2011.5 中旬 −


リレー・フォー・ライフが茨城県つくば市で開催されてから5年目を迎えました。
2011年度、TEAM MOMOで最初に参加するリレー・フォ−・ライフ in 茨城。
3月の東日本大震災後、開催そのものが危ぶまれていましたが、
被災地への募金も兼ね、規模を縮小しての開催となりました。
規模が縮小したって、想いに何ら変わりはありません!
チームメンバー全員、とても充実したリレー・フォー・ライフを過ごすことができました♪
茨城実行委員会の皆様、ありがとうございました。

恒例のTEAM MOMO RFL参加ページをUPしましたのでご覧下さい\( ̄0 ̄)/
                
クリック↓
     

日本でもアメリカの様にリレー・フォー・ライフをやりたと、
シュウさんがネットで呼びかけて皆が集まった・・・それが5年前。

自分も癌になり、どこまで生きられるか分からず、
最期に何か残したいという想いで始めたリレー・フォー・ライフの活動。
実行委員として、またチーム参加者として、がむしゃらにやってきました。

この5年間、素敵な人達と出会い、私の人生は大きく変わりました。
その中で残念ながらお別れせざるを得なかった友人達も多数いましたが、
一緒に歩くことができて、とても光栄に感じております。
沢山の想い出や、築き上げてきた友人関係全てが私の宝物となりました。
この5年間、闘病等で辛い思いをしてきましたが、それ以上に感謝の連続も味わうことができました。


今まで私を苦しめてきた肝細胞癌・・・

もう完全に克服できたと思います!

私は『Dark Side』から脱出すことができたのです!



関わってくれた全ての人達に感謝の念を抱きながら、
これからも精一杯、沢山、元気に歩き続けます。
それが支えてくださった皆様への恩返しになると考えております。

ありがとうございました。













〜 Dark Side 終り 〜
Brave New World へ→
←戻る