×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


BNW-06  卒 業


【 2012度リレー・フォー・ライフ参加報告  − 2012.11 中旬 −

2012年度も数多くのリレ・フォー・ライフに参加しました。
5月に参加した茨城以外でも、TEAM MOMOは、芦屋、岡崎、福岡、
東京芝公園、岐阜に参加。
また、チーム参加ではなく個人参加として、横須賀米軍基地池子キャンプに
参加しました。
来週は日野にも参加する予定です。

TEAM MOMOのホームページでは既にUPしていましたが、
ココでも報告しておきますね。


                ↓ クリック 
       

写真は横須賀米軍基地池子キャンプにて。
若干、チームフラッグが違いますが御勘弁を〜(^^;


やはりリレー・フォー・ライフは楽しいですね!(≧∇≦)b








【 帽子  − 2012.11 中旬 −

先月、福豆さんがお亡くなりになられました。
心から御冥福をお祈り致します。

リレー・フォー・ライフで出会うサバイバーに共通する点は、
どこが癌患者!?と思わせるぐらいあまりにも元気であり
また、健康な側が逆に元気を貰える・・・と感じられる事でしょう。
福豆さんも正にその一人であり、皆さんに元気を与え続けられてきた
素晴らしいサバイバーでした。

私と福豆さんとの出会いは、2009年のRFL新横浜会場でした。
当日の夜、ルミナリエの写真を撮っていると
「ファルモさんですか?私もMOMOさんのブログを見て勇気を貰ったんです!」
と話しかけてこられ、一緒にお話をしながら数周コース回った記憶があります。

TEAM MOMOのトレードマークとなっているピンクの豹柄の帽子は
福豆さんが手作りでメンバー全員にプレゼントしてくれたものです。
これにはメンバー一同、とても感激しました。


      

仲間がまた一人旅立ちました。
RFL茨城では、毎回当たり前の様にお会いできていたのに、
これからお会いできない事を考えるととても残念に思います。

・・・が、福豆さんもMOMOさん同様に、めそめそしている事が嫌いな人。
生き残った我々が元気にRFLを続けていく事が一番の供養になる筈。



福豆さん、
今までの治療、お辛かったでしょう。
どうか安らかにお眠り下さい。
ありがとうございました。








【 卒業の意味 】 − 2012.11 中旬 −

癌で亡くなられた人に対して使われる言葉で
『卒業という言葉があります。
「○○さんが卒業されました・・・」という具合に、
RFLに関わっている人達だけの共通言語なのかもしれませんが
多くの方達が使われているのを良く耳にします。

癌の痛み・苦しみから開放されての事か?
もしくは、人生が終ったという意味合いか??
「卒業」という言葉は、その人の捕らえ方次第で色んな意味合いを含んだ
ものになりますが、実は私はこの「卒業」なる言葉は好きではありません。
なぜならば、綺麗に、そしてソフトに表現する事で
癌で死亡した事実を言い易く・耳あたり良くした
生きている側の「都合が良い言葉」だと感じるからです。
なので私は仲間が亡くなった時、あえて「卒業」という言葉は
自ら口には出していませんでした。
※あくまでも個人的な感想ですので御了承下さい。



話は変わって、私は癌切除から毎月内科に通院してB型肝炎及び
癌の再発の経過観察を行っています。
また、それ以外に外科にも通院しています。
手術をして頂いた執刀医に半年に1度、経過観察として診て頂いております。
私の執刀医は、肝臓の外科医では世界でも名が通っている程の名医であり
この教授に斬って頂けたことが、肝臓癌末期一歩手前であった私にとって
幸いであったと今でも思っています。
数日前、半年振りに教授の診察がありました。

〜診察にて〜

看護士:「どうぞお入り下さい。」

私:「失礼します。御無沙汰しております。」


教授:「どうもこんにちは。その後、体調はどうでしたか?」

私:「お陰様で、すごぶる絶好調です!」

教授:「今年で、えっと・・・」

私:「7年目になります・・・。」

教授:「そうですね〜、もう殆ど大丈夫でしょうねぇ〜。次回で最後にしましょうか?」

私:「え!? 次回で終わりですか?」

教授:「はい、卒業です!」(^^)

私:「Σ( ̄□ ̄lll) ・・・卒業??? あ、ありがとうございます。。。」


卒業・・・。
今まで聞きなれていた意味合いは、亡くなった人に使われていた言葉。
私の中で卒業という言葉の概念がひっくり返りました。

卒業というのは「死」ではなく「癌の完全克服」だ!・・・と。

死してTHE ENDではなく、強く生き続けていかねばならないという事。

子供を授かった事は、癌を完全克服した私にとって

ある意味御褒美なのかもしれませんね。


      


卒業かぁ・・・、非情に感慨深いです。。。
















次へ→
←戻る