×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

DS-01  目覚め


【 術後一日目 】 − 2005.02 上旬 −

看護A:「起きて下さい! 痰を出して下さい!」
あ、朝か・・・。
うぅ、、、く、苦しい・・・。
何だコレ?息が少ししか出来ない・・・。苦しい・・・。
看護A:「痰を出して下さい!」
痰を出そうとするものの、全然出せないのです・・・。

看護師は、吸引機を持ってきて、私の喉に細い管を突っ込み痰を吸引しました。
オエオエしながら、何度もえずく・・・(汗)
取れているのだろうけど取れた感は全くなく、苦しいままなのです!
とにかく苦しい・・・、表現が難しいが、普段の1/10程度しか呼吸が出来ないのでした。
直感的に、これはタバコによる影響が強いと思いました。
そりゃ、そうです!手術の前日、前夜まで吸っていたのですから・・・。(汗)

私:「すいません、苦しくて息が出来ません・・・。
声も大きく出せない・・・。
看護師A:「え!?酸素は98%入っていますよ!」
何か取り付けている装置を見て言っているらしい・・・。
98%も酸素が体内に入っていれば、大丈夫か。。。でも、非常に苦しい!苦し過ぎる!!!

看護士B:「シーツ交換しま〜す!ロビーで待機して下さ〜い。」

看護師A:「ハイ、シーツ交換しますので、起きて下さい!」

( ̄□ ̄lll) マジかよ! こんな状態でシーツ交換で出て行かされるのかよ!!(怒)
看護師A:「車椅子を持ってきましたから、乗って下さい。」
起きれねーよ!何だ?この体???動かなねーよ!
・・・何とか車椅子に乗せられて、ロビーに連れて行かれました・・・。
ぐったりだ・・・。苦しくて頭も上げられない・・・。
隣のベットで寝ているお爺さん(70歳)もロビーにいました。私より一日早く手術をしましたが、
何故か凄く元気です。私の姿を見かけると、嬉しそうに話しかけてきましたが、
こっちはそれどころでは無く、軽く会釈をして話をするのを勘弁してもらいました。(汗)
数分後、担当医師が駆けつけてきました。

担当医C:「どうしました?」
私:「
息が出来ません、苦しいです・・・。
担当医C:「酸素が98%入っているから、大丈夫だと思うんだけどなぁ〜?」
私:「
ダメです・・・、苦しいです・・・。
担当医C:「大きく深呼吸して下さい!」
私:「
スッ、、、フゥ
担当医C:「もっと真剣に、大きく深呼吸して下さい!」
私:「
スッ、、、フゥ。 いや、ホントです、これしかできません。。。
担当医C:「今から、レントゲンを撮ります!レントゲン室に行って下さい。」

看護師に車椅子ごと転がされ、レントゲン室に向かいました。
レントゲンを撮る体勢がかなりキツかった・・・、痛いの何のって!
更にぐったりしてしまいました。。。
病室に帰りベットに座り医師を待っていると、胆石で入院されこの前退院されたKAさんが、
外来診察ついでに見舞いに来てくれました。
しかし、私の方は話す気力は全く無い・・・。というか、話せる状態ではありませんでしたので、
軽く会釈し、KAさんに「かなり辛い事情」を察してもらい帰って頂きました。
せかっく来て頂いたのに申し訳ない気分でいっぱいになりました。。。(汗)
・・・やっと医師が来ました。

担当医C:「レントゲンを見る限り異常はありませんでした。
多分ですね、麻酔の影響だと思います。今から背中の麻酔を外します!」

え!?背中の麻酔タンクを外すのか!??あと2日ぐらい付けているものだろっ!
私:「いや、コレ、取ったら、痛くなるじゃないですか!???
担当医C:「ダメダメ!このままじゃ、呼吸困難で死んじゃうよ!
痛み止めの点滴をしますから大丈夫です!背中を向けて下さい、麻酔を外します!」

看護士にうつ伏せ状態にさせられ、背中の麻酔(管)を抜かれた・・・。
担当医師:「ヨシ、抜けたな・・・。」

・・・20秒後・・・

うわっ!何じゃこの痛みは!! 痛ぇーーーーーっ!!!!!

担当医C:「どうですか?先程より、呼吸が楽になったでしょう!?」
私:「いや、わかんないです!それより、痛いです!!!」

担当医C:「そりゃそうだよ、まだ痛み止めの点滴、落ちきっていないもん!」

ふざけんなよ!点滴落としてから抜けよ!(怒) ・・・痛ぇ〜、シャレになんねー!!!

痛み止めの点滴をしているからという事で、このまま寝ているしかない様だ・・・。
かなり、痛ぇ〜〜!!!!!
これは今まで経験した事が無い痛みでした!
そりゃそうです、腹を斬った痛みを麻酔無しで耐えている様なものなのですから・・・。(汗)
私:「ハァ、ハァ・・・」
息が上がっている・・・。 息が上がる程、痛い・・・。
あまりの痛さにぐったりです・・・気力すらありません・・・。
しばらくして研修医が採血をしにやってきました。
動けない・・・、私は
「勝手にやって・・・」とばかりに無愛想に腕を彼に放り出しました。
とんでもない患者に見えましたが、この時ばかりは余裕が全くありませんでした・・・。
それ程痛かった、痛みに耐えるだけで精一杯だったのです。

私:「ナメてた・・・、俺は、この病気をナメてた・・・。 これが、、、癌との、、、闘いか・・・。」
( いつもなら、文章の後に (笑) が入るのですが、おふざけ言っている場合ではなかったのでした。)

後から考えたら、「癌との闘い」と言いながら、すでにこの時、癌は切除されていて
無かったのですよね・・・(笑)

 ※目覚めてからの「息苦しい」という状態は、単に麻酔が自分に合わなかったからと推測されます。
   また、術前医師からの説明では手術に要する時間は5時間と聞いていましたが、
   10時間近くかかったとの事でした。。。






【 術後二日目 】 − 2005.02 上旬 −

まだ痛かった・・・。 全く良くなっていない・・・。
黄色をした栄養剤を点滴されているので、メシは抜き!
ダイエットには、ちょうど良いだろう!(笑)
というか、食う気も起こらないし、腹なんか減りません。
腹がすくというより痛いだけなのです・・・。

午前中の回診時に、鼻から入れられている細い管を抜かれました。
抜かれるときはかなり気持ち悪い・・・。
鼻からエイリアンの子供が出てくる・・・、そんな感じでした。(汗)
この管は、胃まで入っているというもので、胃酸を外に出す為に
手術後は、皆さん入れられるものでした。

ぐったりしすぎて疲れたのか、断続的にですが正午〜夕方にかけて寝る事ができました。
・・・が、しばし痛みに襲われ起き出だすのです。
昼間はこれの繰り返しでした・・・。

夜にカミさんが見舞いに来ましたが腹はまだ痛い・・・。
痛みには波があり、落ち着いたと思えば、また痛みがぶり返してくる・・・といった感じでした。

消灯時間が近づき、看護士が見回りに来ました。
私:「スイマセン、痛いんですけど、何とかなりませんか???」
看護師B:「ちょっと待ってて下さい。」

と言いつつ、どこかに行ってしまった・・・。
電気が消える・・・。
マジかよ、放置かよ!(怒)

しばらくして看護師が「湯たんぽ」を持って戻ってきた。
手術後の傷は暖めると楽になる患者が多いという事で、
湯たんぽで腹を温める様に薦められたのでした。。。
「こんなので効くんか!?」と、半信半疑でしたが、やってみる事にしました。
・・・、全然効きません・・・。(汗)
逆に暖める事によって腹が気持ち悪い・・・。
せっかくの好意を無にして悪いのですが、湯たんぽは横に放っておきました。
チクショウ!また痛みが激しくなりました・・・。
再度、湯たんぽをTRYしてみましたが、やはり気持ちが悪いだけです・・・。(汗)
効かね〜よ!と思い、また放る・・・。
でも痛いので、またやってみる・・・。
やっぱ効かないので放る・・・。 それの繰り返しでした。。。
もう限界だ・・・・・・・・・。
その時、担当医が私のところにやって来たのです。

担当医A:「痛みますか?」
私:「はい、かなり痛いです!」

担当医A:「そでじゃぁ、今から麻薬に近い薬を打ちます。筋肉注射になります。
結構、危険な薬ですので連続での使用はできません。4時間ごと時間を置かなければなりません。」

私:「お願いします!」

麻薬でも何でもいいから、早くこの痛みを止めて欲しかった・・・。

1発目の注射をしてもらいました。
だいぶ痛みが和らいだ様な気がしました。
寝て痛みを忘れたいのですが、昼間に断続的に寝てたことから全く眠れませんでした・・・。

しかし、しばらくしていると、また痛くなってくるのです・・・。
呼び出しブザーを押して看護師に来てもらいました
今まで何度か入院した事がありますが、このブザーを使うと申し訳ない気がしていたので、
あまり使った事はありませんでした。
・・・とか言いつつも、この二日間、しっきりなしにブザーを押していた様な気がします。(汗)

看護師が来ました。
私:「スイマセン、痛いんですけど・・・」
看護師B:「次の注射まで、まだ時間があります。ある程度時間を置かなければならないのです。」

私:「あと、どのぐらいですか?」

看護師B:「あと一時間ぐらいですね。」

私:「わかりました・・・」(汗)


一時間も我慢しなきゃならないのか・・・。
時計は無い・・・。腕時計はテレビ台の引き出しの中です。
手術前から入れっぱなしです。
腹が痛くて動けません。・・・なので手術後、ずっと時計は見ていませんでした。
術後は常に、何時だかわからない状態だったのです・・・。

我慢に我慢を重ねるも、限界が来ちゃいました・・・。
再度、呼び出しブザーを押しました。
私:「あと、どのぐらいですか?痛すぎです!」
看護師B:「あと30分ですね。」

まだ30分もあるのかよ!(汗)

・・・もうサスガに30分近く経っただろう。。。
ブザーを鳴らして、スピーカーごしに聞いてみたところ、あと10分だと言う。
10分経ったら薬を持ってきてくれるとの事でした。
もう少しだ!あと10分の辛抱だ!!

・・・15分ぐらい待ったと思います。 いや、待った筈です!
呼び出しブザーを押しました。
看護師B:「どうしました?」

私:「もう時間になりましたよね?注射をして欲しいのですが・・・」
看護師B:「今、用意して行きます!」
私:「お願いします!」

やっと楽になれるな・・・。

・・・・・・・・・・来ねぇ〜、来ねぇ〜じゃねーかよ!(汗)
もう15分は待っているゾ!(怒)
時間が長く感じるのか???
いや、時計は見れないけど、やはり10分以上は待っている筈だ!

看護師B:「お待たせしました。腕にしますか?おしりにしますか?」
私:「どこでもイイです! じゃぁ、腕で・・・。」

・・・打ってもらいましたが、激的に痛みは和らがない気がします。。。(汗)
まぁでも、ちょっとずつではありますが、痛みは感じなくなってきているような気がしました。

薬のせいでしょうか・・・?変な気分になってきました。$#&¥★?+!
自分は頭しかなく、体は別のもの・・・といった感じがしてならないのです・・・。
頭があって、それが自分自身で、細い神経の管で体が繋がっている・・・。
何と表現して良いか分からないですが、体が非常にお荷物に思えてきたのです・・・。
薬の副作用で頭がおかしくなっているのです。
この時は変だと感じませんでしたが、後から思えば医師が麻薬に近い薬と言った意味が
わかった様な気がします。
数時間程、暗闇の中で、この様なありえない変な事を考えてしまっていました・・・。(汗)
ベットの向かいのオヤジのイビキがかなりうるさく、変則的です・・・。

最悪の夜でした。



次へ→ 
←戻る