×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

DS-02  暗闇の中で


【 地獄の特訓 】 − 2005.02 上旬 −

まだ寝れない・・・。
時刻は多分、2時〜3時ぐらいの間だと思います。
痛みはピーク時より緩和したようです。。。
でも、動くと痛い・・・。

二日間、自力で起きることはできませんでした。
少しはリハビリをしないと、いつまでたっても起き上がる事ができないだろう・・・。
そう思い、起き上がってみることにしました。

健康の時は、全く意識すらしませんでしたが、起き上がる時はかなり腹筋を使っている
という事がわかりました。
寝ている状態から、ベットの上で座る状態に起き上がるまでがかなり辛い・・・というか、
痛いのです!激痛とはこの事です。(汗)
起き上がる・・・。ただそれだけの何気ない行為に、かなりの時間を要するのでした・・・。
最初は、座るまでに15分ぐらいかかりました。
そしてベットの脇に立ち上がる事にチャレンジしました。
ここで、改めて体から出ている管、右わき腹とチンチンの所から出ている計2本を確認したのです。
<気づくの遅いですよね・・・。(笑)
今まで痛くて寝ていたので、管の存在なんて気にもしていなかったのでした・・・。
(引っ掛けない様に立ち上がってみる・・・)
「うぉぉぉぉおおお〜、気持ち悪い!」
慌てて左手で腹を押さえました!
何だか内臓(胃と腸)が傷口を突き破って出てくる様な気がしたのです!(汗)
立ち上がって一呼吸おいてから、今度は、寝てみる事にしました。
しかし、寝る方がもっと大変でした。腹筋をかなり使うのです・・・。
最初はベットに寝たというか、倒れた・・・という方が正解でしょう。。。
かなりの激痛でした。
寝ている状態→座る→立ち上がる→座る→寝る
この一連の動作を1セットとし、練習してみる事にしました。
最初の1セット目はかなり時間がかかりました。多分、30分はかかった事でしょう・・・。
2セット、3セットと繰り返していくうちに、時間はかからなくなってきました。
正確に数えていませんでしたが、7セットぐらいはやったと思います。
暗闇の中で地獄の特訓といった感じでした・・・。

外が明るくなってきたので、寝ることにしました。



【 術後三日目 】 − 2005.02 上旬 −

6時、起床の時間がきました。
・・・眠い・・・。
そりゃ、そうだ・・・。明け方に寝たのですから・・・。(汗)
朝の検温が終わったので、立ち上がってみる事にしました。

「あれ?すんなり立てるゾ!」(笑)
確かに、腹が痛いは変わりないのですが、すんなり立てる!!
夜中の特訓の成果だな、こりゃ!
点滴棒を掴み、廊下に出て歩いてみました・・・。

看護A:「あれ?どうしたんですか!?あんなに苦しんでいたのに!」
私:「ありがとうございます!お陰様で良くなりました♪」
看護師A:「凄いですね!!急に良くなった・・・。」
私:「いやぁ、歩けて凄く嬉しいです!」(笑)

柄にもなく、目がウルウルきていました。。。
確かに嬉しかった・・・、滅茶苦茶、嬉しかったのでした!
二日間、何もできず、もがき苦しんでいただけに、自力で歩けることがこんなに素晴らしいものか!
・・・と、実感しました。
看護師さんも目がウルんでいました。。。
健康というものは本当に尊いものであると、この時程身にしみて感じた事はありません!

この日から暇さえあれば、点滴棒と共に廊下に出てガンガン歩きました。
夜はベットからの立ち上がりの特訓を継続する事にしました。
やるとさすがに腹はまだ痛いです・・・。
しかし、痛みを我慢して特訓した分、次の日の朝は劇的に歩ける様になるのです!
山は越えました! 自分でも、みるみるうちに回復するさまが手に取るように分かったのです。

廊下を歩行中、私の背中の麻酔を抜いた医師と出くわしました。
担当医C:「あ、良かった、もう歩けるのですね!」
私:「ええ、もう大丈夫です!」
担当医C:「いやぁ〜、一時はどうなるかと思いましたよ! いやぁ〜、良かった、良かった!
ほんとう〜〜に、良かったっっ!!!」
医師は、ホッ・・・と胸を撫で下ろすかの様にもの凄く安心して言ってきたのです。
私:「ありがとうございます。お陰様で・・・」
<ペコリ
いや、でも、何もそこまで、喜ばなくても・・・(汗)
自分としては、「あ、大丈夫ですね♪(こうなると分かっていましたよ!)あはは〜♪」
・・・と、医師としてこのぐらいの余裕をかまして欲しかったなぁ・・・。。。
「・・・良かった・・・、ほんとう〜〜に、良かった!」と、言われると、
何だか一か八かで、背中の麻酔を抜いたという感じがしてならないのです・・・。(−−;

まぁ、でも、良くなったからのだから感謝しなくちゃね!(笑)










次へ→ 
←戻る