×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

DS-36  継続


【 血液検査からの警告 】 − 2009.6 下旬 −

月一での通院、必ず朝一で血液検査を行い、その結果を見ながら診察を受けているわけですが
今回は、今まで気にしていなかった数値に引っかかってしまいました・・・(汗)

その数値は「Ch-E」。
肝機能の状態を見る上で重要な数値の一つです。
いつも「AST」と「ALT」、肝臓の腫瘍マーカーである「AFP」と「PIVKAU」ばかり注目していましたが
Ch-Eが引っかかったのは過去記憶がありません。
このCh-Eとはコリンエステラーゼと呼ばれるもので、肝臓内で合成され血液中に放出される酵素。
正常値は測定法によって違いがある上に、同じ方法でも施設によって差があることから、
検査した場所が定めた基準値を参考にすると良いと思います。
私が通っている病院でのCh-Eの基準値は、185(下限)〜431(上限)IU/lだそうです。
・・・で、今回私が出した値は「456」! Σ( ̄□ ̄lll)
思い切り上限値を振り切っています。。。(^^;

このCh-Eが基準値外の場合、どうなのか???というと・・・
低値の場合 : 慢性肝炎、肝硬変、肝細胞癌、栄養失調、重症消耗性疾患等の疑いがあり
高値の場合糖尿病、脂肪肝、ネフローゼ症候群、甲状腺機能亢進症、喘息等の疑いがあり
・・・ということです。

上限値を振り切っている私の場合、多分、脂肪肝なのだと思います・・・(−−;
あとは、前回基準値内であった血糖値も今回は少し高目・・・(−−;
血糖値の基準値70(下限)〜109(上限)mg/dlですが、「112」でした。。。
体に今まで以上脂肪が付き始めた・・・という事なのでしょう・・・(−−;
主治医からは
「最近、体重が増えましたか?」と聞かれたものの、数日前に体重を測った時は
いつもより+0.5Kg程度でしたので、そんなに増えていません。
・・・という事は内臓脂肪が付いている???
まぁ、脂肪肝なので内臓脂肪なのには変わり無いのですが、単に肝臓に脂肪が付けば
体重はかなりのプラスになる筈・・・。
筋肉が脂肪に変わっての体重変動無し・・・という事も考えられます(汗)
さ、最悪ですね・・・(−−;
・・・と言いつつも、脂肪が付いた心当たりは多いにあります。。。
口内炎が治ってから以前よりラーメン&つけ麺を食い続けていましたし。。。(^^;
それにしても手術する以前も脂肪肝の時期はありました。
でもこのCh-Eが引っかかった記憶はありません。。。
歳をとって脂肪の付き方が変わったという事なのでしょうか???
いずれにせよ、40歳を過ぎ、もうそんなに若くは無い・・・。
あちこち引っかかって当然かもしれませんが、当然と言ってしまえば改善の余地は全く無し!

そこで、昨年12月よりサボっていたウォーキングを復活しました♪(^^)/
雨の日以外、夜に一時間程度歩きます。
昨年の秋にウォーキングを毎日続け、かなり体がスッキリした感じがしたので
多分ですが、少しは効果があると思います。

まぁ、ウォーキングと言っても私の場合、ジャージに運動靴という本格的なものではありません!
お気に入りのジーンズとブーツを履いて、「SURVIVORリング」と「DEATHリング」をハメ、
ヘビーメタルをiPodでガンガン聞きながらダラダラと歩く・・・。
・・・とまぁ、かなりとんでもないスタイルだったりします。。。(^^;
暗闇で遭遇したら、かなり怪しいのだろうと思います。。。(^^;
運動は昔から長続きしない方ですし、努力し続けるという事も嫌い・・・
これはそんな自分自身、楽しみながら続けられる様に・・・というスタイルなのです♪(^^)v
直ぐには痩せないでしょうけど、何事もムリせず継続させる事が大事なんだろうと思います。





【 状況確認 】 − 2009.6 下旬 −

最近、あまりにも健康過ぎて浮かれている自分がいます・・・。
以前は、毎日癌の事ばかり考えていたにも関わらず、ここ数ヶ月、調子が良いからといって
自分が癌患者である事をすっかり忘れている時があります。
ここで今までの病歴を思い起こし、自分が置かれている状況を整理してみたいと思います。


一、肝臓が半分しか無い事

ニ、残った肝臓は、肝硬変一歩手前である


三、バラクルードを服用しないと一気に肝機能が悪化する事

四、肝臓に新しい癌ができる確率が極めて高い事

五、脂肪が付き始め、肝臓に負担をかけている事



これだけでも普通の人(健康な人)と比較したら、とんでもない状態であると思います。
せっかくここまで来れたのだから、癌になった教訓を活かして注意していかなくてはなりません。
自分一人ならまだしも、また癌になろうものなら、今までお世話になった多くの人達に
また迷惑をかけてしまいます・・・。
そういった意味でも、上記5つの項目を常々自分に言い聞かせなければなりません。

一〜四に関しては、もうどうする事もできません。。。
一〜三に関しては、ギリギリ助かっている・・・という状態です。
五は努力次第で改善できます。
浮かれて脂肪を付け始めた事は、自分にとって「警告」という事を再認識する必要があります。

悪い状況を並べ、悲観的になっているのではありません。。。
今の健康な状態を継続させていくならば、
健康な時だからこそ注意しなければならない・・・、悪くなってからでは遅い・・・という事です。

ちょっとは苦労してきたつもりだ・・・。
今までの教訓を活かさなければ何の意味も無い・・・。





【 カミングアウト 】 − 2009.7 上旬 −


実は・・・、という程の事でもないのですが、
私がファルモルビシンという名で、このDark Sideを立ち上げる前に熱中していた事があります。
個人的な趣味のホームページなのですが、過去にこんなホームページをやっていました。

             
クリック




「な、なんじゃコリャ???」(´Д`;)・・・ってな感じでしょ???

私が趣味でやっている熱帯魚のホームページなんですけど、
見た目かなり変テコな魚なので、とっつきにくい人が多いかと思います。(^^;
私が癌になって、このDark Sideを立ち上げる前からかなり熱中的にやっていた
「エンドリケリーJapan」というサイトです。
アフリカに生息する「ポリプテルス・エンドリケリー・エンドリケリー」という
風変わりな熱帯魚のみを専門的に且つストイックなまでに追求した大型肉食魚のサイトです。
良く言えばマニアックなサイト、一般的に言えば単なる熱帯魚ヲタサイトです!(爆)

現在はネット上に残っていますが、既にこの魚種は飼っていないので、
サイトは動いていません。(実質上、この魚種でのHPでの活動は終了しています。)


数年前、この手のマニアック?な魚(あまり人には理解されない魚)を飼っている者同士の
交流の場は殆どありませんでした。
あくまでも個人的な趣味の観点ですが、私が専門サイトを立ち上げた事で、
多くのマニアさん達がサイトに集まり、結構盛り上がったりしたものでした。。。(´▽`*)
ネットって凄いんです・・・、この手の魚を趣味とする熱帯魚マニア(ヲタ)どもが
サイトを通じてどんどん仲良くなり、友達も全国にできました。
オフ会等も盛んに行う様になり、更に交流を深めていきました。(^^)
そんな感じで、私は癌になる前よりネットで楽しんでいた時期があったのです。

リレー・フォー・ライフがらみでホームページ作成をやってきた中で
「ファルもっち、なんでこんなにホームページ、サクサクと作れるの???」と、
多くの方から言われていました。。。
それは、このエンドリケリーJapanというヲタサイトを過去に一生懸命やってきたから
という事が一番の要因だと思います。
熱帯魚ヲタどもと盛り上がる為に、エンドリケリーJapanの度重なるリニューアルを
連続させた事が結果、私のホームページ作成技術を向上させた・・・と言っても
過言ではないでしょう。。。

趣味の熱帯魚で活動しているハンドルネーム(HN)は、「nS2001」と言います。
(nSは私のイニシャルで、2001は2001年に熱帯魚サイトを立ち上げたというのが名前の由来です。)
Dark Sideを立ち上げる4年前より活動していたので、ファルモルビシンという名前ではありません。

癌になった直後は、さすがに趣味の熱帯魚の飼育を辞めてしまおうかと考えていましたが、
病気うんぬん以前に趣味を持つという事は生きていく上で大切というか、
生き甲斐を持つという意味で重要と考え、辞めずに従来通り熱帯魚を趣味として続行しました。
趣味に没頭する時は、再発の不安等を忘れてしまう事ができるので
私にとって「必要」なものでした。
ワケあって昨年よりエンドリケリーという魚種の飼育は完全に辞めてしまいましたが、
今は他の魚種で細々とブログをやり、魚関係の友人達との交流を継続しています。

現在、私が飼っている熱帯魚のブログです。

           クリック



ココに集まってくる熱帯魚仲間は、皆さんイイ人達ばかりです!(^^)
でも、私はこれまで知り合った多くの熱帯魚仲間には、
基本的に「自分は癌に罹った・・・」という事は積極的には言っていませんでした。
仲間うちでもごくごく親しい人のみにしか伝えていませんでした。。。


プライベート(主に土・日)では、本名よりハンドルネームで呼ばれる事の方が多いです。
それはお会いする人によって呼ばれ方が変わります。
リレー・フォー・ライフがらみでの活動の際は、ファルモルビシン(ファルモさん)と呼ばれ、
熱帯魚のオフ会では、nS2001(nSさん)と呼ばれたり・・・。(笑)
そんな感じでしたので、ある日はファルモルビシンとして、
またある日はnS2001として、私は一人二役でプライベートを過ごしていました。



・・・で、ココからが本題。 ←前置き長くてスミマセン。。。(^^;

親しくしている熱帯魚仲間の中に私より10歳年下の女性がいます。
ハンドルネームは、「ままな」。 私にとって妹の様な存在です♪(^^)
見た目は可愛い系なので、野郎ども中心のオフ会では紅一点的存在なのですが
ちょっと危篤?な子だったりします。(笑)
なぜかと言うと、昔からnS2001のファンだったそうで、
何の価値も無い私のサインをおねだりする程の変わり者・・・(^^;
ままなには、私から癌である事は直接伝えていませんでしたが、
別の親しい熱帯魚仲間から私が癌になったという事は既に聞いていたらしいです。

ある日、
「nSさんの癌のサイト見ていい?今まで別な世界やと思ってたから
見たらいけないと思ってたんだ・・・」
と、ままなからメールが入りました。
自分としては別に隠すつもりは無かったので、見てくれるなら嬉しいと返信した記憶があります。
彼女はそのうち、リレー・フォー・ライフにも興味を持ち始めたので、RFLのDVDを貸したり、
松尾さんTAKA変酋長さんのCDを貸したりしました。
すっかり松尾さんのファンにもなった様なので、ライブにも連れて行きました。

ままな:「nSさん、ライブ連れてってくれて、ほんまにありがとうっ」
私:「あの・・・言っておくけど、今日の俺はnSじゃないからね、ファルモだからね!」(笑)
ままな:「nSさん?何でnSさんは、ハンドルネームを使い分けるん???」
私:「・・・・・・・・・」

返す言葉が見当たりませんでした・・・。
理由は明確にあるのですが、その場で上手く伝える自信がありませんでした。。。
それはファルモルビシンとnS2001は置かれている状況や考えている事が全く違っていたからです。
ファルモルビシンは、死を見つめているサバイバー。
nS2001は、趣味に没頭する熱帯魚ヲタ野郎。
なので、同一化する事は自分の中では有り得ない・・・、
こっちはこっち、あっちはあっち・・・と考えていました。。。


数日後、
「nSさん?みんなで・・・
静岡のRFLに参加したいねんけど・・・ぶーちゃん
(熱帯魚仲間)今誘った。
彼氏は今回参加しないやろうけど、興味持ってくれてるっ」
と、ままなからメールが入りました。


・・・(〃 ̄□ ̄〃)

・・・・・・滅茶苦茶感激しました!

・・・・・・・・・で、かなりウルウルきました。(*TーT*)

う〜〜〜ん、、、持つべきものは、やっぱ友達です!!
趣味の仲間との関係だからとか、知らない人に言いづらいだとか、知ったら退くかも?等々、
いろいろ考えて癌になった自分を妙に隠していた事が恥ずかしくなりました・・・。

ままなの一言と行動で私は気づきました。
別に趣味の熱帯魚仲間達に自分がサバイバーだと隠す理由も無いだろう・・・と。
本当の友達ならば、打ち明けてもいいのだろう・・・と。。。

そこで、私の熱帯魚ブログで自己紹介がてらに、
自分のサバイバーぶりを思い切りブチまけてみました!
これは自分としては、かなりのカミングアウトなのですけどね・・・。(^^;

           クリック




ままなは「nSさん、私の知らなかった世界を教えてくれてありがとうっ」と言ってくれています。

みんな大切な仲間なんだ・・・。

こうやって支えあって、感謝しあって、共に生きていく事にもの凄い幸せを感じます。


友達って有り難い。。。
感謝・・・、本当に感謝しています。。。







次へ→ 
←戻る