×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


DS-40  五年生存

俺、5年!  − 2010.02 上旬 −

2010年2月2日をもって肝細胞癌を摘出してから丸5年を迎えました。
再発率が高い肝細胞癌、しかもStageVを無再発で生き延びる事ができました。

誰もが予想していなかったと思います。
勿論自分でも5年生き延びる事ができるなんて思ってもいませんでした。
肝細胞癌の治療では特別な事をしていたわけでもなく、
強いて言えばB型肝炎のウィルスを抑える薬を服用し経過観察していただけです。

この5年間は、人並に「再発の恐怖」みたいな感覚も抱いた時期もありましたし、
いつ死んでも怖くない・・・と、ある意味開き直って生きていた時期もありました。
でも今はこうやって生きている。。。
正直言って、奇跡に近いと感じています。。。
非情に有り難い事です。

術後4年経過して外科医からは前からの腫瘍からの再発は無い・・・と言われていたものの
やはり一般的な見解では「5年」というのが一区切り・・・。
私はこの「5年」という数字に拘ってここまでやってきました。
当初、無理だと思ってきた5年生存・・・。
それを達成できた事は一言では何とも表現できないぐらいの感情が込み上げてきます。。。

癌は人によって予後の状態はケースbyケースだと思いますが、
ここで自分が思い当たる節でやってきて良かった点をあげてみたいと思います。
B型肝炎から肝細胞癌StageVに移行し肝臓左葉を摘出したケースで
5年間無再発に至った患者の予後の過ごし方・・・という観点で列挙します。
こんなもん参考になるかならないか?ワカリマセンが、とりあえず念のため・・・(笑)



『 私はこうやって肝細胞癌を克服しました! 』
ちょっと胡散臭いタイトルですけど事実です。(笑)


 
@B型肝炎抗ウィルス薬「バラクルード」を毎日欠かさず服用
   →肝機能を正常に保つ事により、再発のタイミングを遅らせる。

 A急激に太らない様に心がける
   →「太ると癌も育つ」と言われていることから、必要に応じてはダイエットも実施。

 B肝細胞癌の発生を予防するのに効果的とされる「コーヒー」を毎日かぶ飲み
   →ダイエットのためブラックで。時にはコーヒーでバラクルードを服用!w

 C完全禁酒
   →肝臓癌なら当たり前ですよね。(^^;

 D良く笑う
   →免疫力UP!

 E自分の体の悪さ加減を十分に理解し無理はしない
   →無理して焦っても病気は治らない。

 F持病(肝細胞癌)に関して自分なりに勉強し十分に知識をつける
   →病院での診断に役立つ。医師の言っている事がよく理解できる。


 
G時には病気である事を忘れるため趣味に没頭する
   →ストレスを溜めない様にする。

 Hもの凄く感動する
   →私の場合はリレー・フォー・ライフ参加で得られました。これも免疫力UP!

 I自分を支えて頂いている人達に常に感謝する
   →当たり前ですよね。人間一人では生きていけないですから。。。


・・・とまぁ、医学的な部分で立証できるものは@〜Dぐらいなもので、
あとの半分は、自分の心構えなんかをうんぬん・・・という感じです。(^^;
ここら辺は自分が余生を過ごす上で納得ができれば良いのだろうと思います。

この5年間、病気以外でもイロイロとありました。
実は昨年、離婚しました。
お互い進むべき道が別々ということで、お別れをしました。
癌を克服できたのは彼女のお陰です。
本当に心から感謝しています。

5年前は生きていく上で病気(癌)の事が全てでした。
しかし、時の経過と共に元気になるに連れ、病気は生きていく上での一部に過ぎない
という状況へと変わっていき、これからの生き方が鮮明に見えてきたのです。

まだまだ生きていける・・・、生き延びる事ができる。。。
そして、これからの人生もイロイロとある・・・。
楽しいことばかりではなく、勿論辛い事の方が多いかもしれません。。。

でも、


自分は、完全に癌を克服した!(・・・と思っています。)
何かとてつもなく大きなものに打ち勝った・・・そんな感じさえします。
気分はとても清々しく、新しい人生がスタートするという感覚を抱いています。

今後、辛い状況に遭遇した時には、癌を5年経過して克服した事を思い出す様にします。
これを考えたら、たいがいの事は小さく感じるかもしれませんねっ!(^^)v
この5年間の闘いを決して忘れる事なく、良い意味での教訓にしていこうと思います。
勿論、5年を経過した自分が凄いのではなく、

周りで支えてくれた人達が自分を生かしてくれた・・・
という事を忘れてはいけません。

本当に感謝しております。

そのご恩に報いるためにも、
貰った残りの人生を悔いの無い様に生きていこうと思います。



===追記===

せっかくの5年目、やっと迎えた5年目、待ちに待った5年目・・・という事で
5歳の誕生日をしてみました。





しっかりとローソクを5本立てました♪
ケーキの色はファルモルビシンの赤!(爆)
な〜んて、ブラックユーモアが過ぎましたね、、、(^^;
ケーキは苺のフロマージュ。(´▽`*)

こうやって、毎年第2の誕生日をやっていこうかなっ♪







右鎖骨下の痛みと右腕の痺れ 】 − 2010.04 上旬 −

約1ヶ月前より右の鎖骨下の筋肉が痛み出し、その1週後に右肩全体に痛みが広がりました。
最初、デスクワークで久しぶりに根詰めたこともあって、単なる肩こりだと思い放置していましたが、
あまりにも変な感じがしたので、休日に営業している近くの小さな整形外科に行きました。
ライダースっぽい黒の革ジャンを着ていた私のナリを見ての医師の診断は
「バイクとか乗っていて右鎖骨下を傷めたのでは?」と言う事。。。
オイオイ、、、俺、バイク乗ってね〜〜〜つぅ〜〜の!!(−−;

痛みがある右鎖骨周辺のレントゲンを撮ってもらい再度診察してもらいましたが、
「ワカラナイなぁ〜・・・」との事。。。(−−; 
<このヤブ医者めっ!!
とりあえず痛み止めの飲み薬と塗り薬を処方してもらい、
まぁ、何ともなければコレでいいかな?という感じで帰りました。

しかし、その2週後ぐらいには右腕全体が痺れる様になり、
ちゃんと診てもらった方がいいな・・・という事で、普段肝臓で通院している大学病院へ
会社を休んで診察しに行きました。

近所の街医者(整形外科)で何とも無いという診断を信じて、
もしかして内科的なものから痛みや痺れがきているのでは?と思い内科を受診。
しかし、受付で内科では無いと言われ、脳神経内科と整形外科の受診に回されました。
最初に脳神経内科で受診し、痺れは脳からきているものでは無いと診断され、
整形外科に回されました。
整形外科の受付を済ませ、先に首・肩のレントゲンを6枚程撮り診察を受けました。

診断結果は、
頚椎症(けいついしょう)

7つある首の頚椎の中で上から5番目と6番目の間が少し狭いという事と、
5番目の頚椎の神経が通る場所に少し変形が見られるという事が、
痛みと痺れの原因というでした。

私自信、骨の病気は初めてで、骨の変形が神経に触れる痛み・痺れの経験も初めて。
コレって結構こたえますね。。。(^^;
病院で原因は人によって様々と言われたのですが、
後からネットで調べたところ、一番の主要因は・・・

・・・加齢!? Σ( ̄□ ̄lll) Σ( ̄□ ̄lll)  Σ( ̄□ ̄lll)

正直、ちょっとショックですね・・・_| ̄|○
頚椎症は、40歳を過ぎてから発症する人が多いとの事。
ハァ〜、、、もう歳なんですねぇ〜。。。(−−;

治療方法というか、先ずは痛みを緩和させ様子を見るという診断で
セレコックスという痛み止めを朝晩1日2錠の服用していましたが、
全く効かず痛みは緩和されませんでした。
会社に行っても痛み出し、
「痛くてやってられるかぁ!」という感じで仕事を放り出し、
午後に帰っちゃう程でした。。。(^^;
次の日に再度会社を休んで病院に行き、薬を少し強めのロキソニンに変更してもらいました。
しかし、一向に改善せず、3日後にまた会社を休み病院に行って痛み止めをボルタレンに
グレードアップしてもらいました!(^^;
こんなに会社を休んでばかりじゃマズイのですが、痛みがあっては仕事になりません。(T T)

現段階では、痛め止めを服用しながら様子を見るしかなく、
痛みがあっても少々我慢するしかないという事でした・・・_| ̄|○
痛みが緩和されてそのまましばらく良くなるケースもあるそうですが、
骨が変形しているので根本的な治癒という事には繋がりません。
ダメなら首を牽引するとか電気で治療する理学療法と言われています。。。

そう言えば昨年の今頃は、口腔癌の疑いをも感じさせる程の強烈な口内炎で苦しみ
今回はまさかの頚椎症・・・。
せっかく癌を克服したっていうのに、他の病気で苦しめられるって一体どういう事!???
って気もしますが、まぁ・・・コレばかりは仕方が無い・・・という事なんですよね。。。

う〜〜〜ん、、、絶不調!!!(−−;






鈍痛 】 − 2010.04 下旬 −

頚椎症による痛みが出てから2ヶ月余り・・・。
改善するどころか、逆に酷くなっているという感じさえします。
医者の診断では今のところ炎症を抑えるしかない・・・との事で鎮痛剤を処方してもらったものの
全く効かず、結局は最終手段であるボルタレンの座薬に辿り着きました(^^;
座薬は飲み薬より強烈に効きますが、それでも効いている時間はは2〜3時間程度で短いです。
・・・で、困った事にこの座薬には一日2回までと制限がかけられていることから、
朝・晩に使用した場合、どうしても昼間は痛みとの闘いになるわけなのです。。(−−;
洒落にならないのは、動かして痛いわけではなく、黙っていても痛い・・・という事です。。。
特に痛い箇所は、下記の図の赤い部分で鈍痛が断続的に続きます。


気休めであるものの、ロキソニンパップという湿布を痛い箇所に貼っています。
5箇所あるため、朝・と寝る前に貼ることから1日に10枚も使用する事になります。

痛い時は座っているのも辛くなります。痛みは完全に治まらないにしろ
まだ横になっている方がマシ・・・。
こんな痛みが昼間に襲ってくるものですから、痛くて仕事にならないんですね。。。(^^;
でも仕事中は横になる事もできず、ひさすら痛みに耐えながら時間が過ぎ行くのを
ただただジッ・・・と待っているばかりなのです。。。
端から見たら何も仕事をしない窓際族のおっさん社員になっております。(笑)
でも仕方が無いですよね!?痛くて仕事ができないのですから・・・(><)
正直パソコンやネットをやっているのも苦痛です・・・。
>ならホームページ更新するな!って感じですけど。。。(^^;
最近はちょっと痛みを我慢しすぎて少しフラフラしている感じさえします。。。(^^;
あまりにも医者に激しく痛みを訴えることから、ゴールデンウィーク明けにMRIの検査が入りました。
もう何でも良いので痛みを抑える治療をして欲しいものです・・・。
本当にこの痛みは困ったものです。。。
頚椎症の患者さんて皆さん、こんなに苦しんでいるのでしょうか???
男性は特に痛み弱いと言われているものの、コレはキツ過ぎる・・・
断続的に痛みが続くことによって、あやゆる集中力、やる気、その他モロモロ・・・
全てそぎ落とされてしまいます。。。(T T)
こんなもん、本当に良くなるんだろうか???
本当にこんな状態で元気にRFLに参加できるんだろうか???
参加してもずっと横になっている時間の方が多いのではなかろうか???

ハァ・・・、まいったなぁ〜。。。
こんな事、ココに書いても治るわけでは無いのでしょうけど
正直、この断続的に続く鈍痛には久しぶりに堪えています。
最近はずっ〜〜〜と痛くて疲れているって感じです。。。(−−; 
うぅっ・・・









次へ→
←戻る