×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

DS-29  故郷へ


【 葉っぱさん、ごめんなさい 】 − 2008.08 上旬 −

CPSPのHPにある『命のブックガイド』の掲示板が事実上消滅してしまいました。(T T)
これは葉っぱさんが生前に取得してくれた画像掲示板です。
読み聞かせにふさわしい本を紹介するというコンセプトで、葉っぱさん、MOMOさん初め
多くの方達が沢山の本を掲示板を活用して紹介されていました。
しかし、その画像掲示板の内容が全て消えてしまったのです・・・。

CPSPのHPを作成・管理しているのは私である事から、葉っぱさんより掲示板の情報
(IDやパスワード等の情報)を頂いていました。
掲示板のデザイン等はHPに合わせた形で私が適当にデコレーションし、
掲示板そのものの管理は葉っぱさんがメインで私がサブ的に行っていました。
その後、残念な事に葉っぱさんが亡くなられてしまい、掲示板を管理する者は私一人になりました。
管理と言っても荒しがあった場合にスレッド毎削除する程度の簡単な作業でした。

2007年のRFL芦屋直後まではコンスタントにレスが入り、掲示板は動いていましたが
それ以降、最近までは殆ど(皆無と言ってよいぐらい)書き込みはありませんでした。
私は気が付いた時にタマに掲示板を空け、書き込まれる英語のワケがわからないアドレスが
リンクされている何かの宣伝?の
スレを削除する・・・という程度で管理を続けていました。

命のブックガイドの掲示板に皆さんからのレスが途絶えている事もあって、
私はしばらく管理する事を怠っていました。
先日、久しぶりに掲示板を開いてみると、相変わらず英語のワケがわからないスレッドが
大量に入っていました。(−−;
私は、その英語のワケのわからないスレを一つずつ消していきました。
何10ページのスレを消しただろうか・・・? 最後の英語のスレを消した時、ア然・・・としました。。。
その次にある筈の本の紹介のスレッドが無いのです・・・。
今まで葉っぱさんが一生懸命に書き込まれたスレッド、MOMOさんががんばって書いたスレッド、
多くの皆さんがご好意で書き込みをされたスレッド、それが全て消滅していたのでした!

掲示板というものは、ある程度の量が蓄積されたら古い順から消えていきます。
ワケがわからない英語のスレッドが大量に投下された事により、今までの本来あるべき
本の紹介のスレッドが失われてしまったのでした・・・。
かなりショックでした。。。
葉っぱさんに申し訳ない・・・、MOMOさんに申し訳ない・・・、皆さんに申し訳ない・・・と。

現在、命のブックガイドの掲示板はCPSPのHPからリンクを外していますが、
掲示板自体は残っています。
こんな状態です。 →『命のブックガイド』<キケン>
<注意> 掲示板は非常に危険な状態です!
英語のスレッドにあるURL(アドレス)は
絶対にクリックしないで下さい!
パソコンがイカレてしまう可能性があります。
万が一、URL(アドレス)をクリックした場合、
「キャンセル」・「いいえ」で切り抜けて下さい。
掲示板は、見るだけにして下さい!
(当サイトは責任を一切負いません。)

こんなに大量の荒しスレが、しかも機械的に連続的に投下されたんじゃ、もはや管理は不可能・・・。
どうしようもない状況であったにせよ、今までの本の紹介スレッドが消滅したのは事実!
「管理を怠っていた言い訳をするな!」と自分に言い聞かせていました。
非常に申し訳ない気持ちでいっぱいでした・・・・。_| ̄|○

・・・と少し落ち込んでいましたが、
数日が経ったある日、イイ事を思いつきました!・・・というか思い出しました!
今まで皆さんから書き込みのあった掲示板の内容をバックアップしている事を!!
それは2007年RFL芦屋のテントで読み聞かせの本の紹介をプロジェクター放映する為に
パワーポイントでファイルを作成していたのです!
これは実行委員だったMMさんから依頼されて私が作ったものですが、
作ったといっても、皆さんからレスされた本の内容と画像をパワーポイントへ
単純にコピーペーストしたものです。(^^;
バックアップするつもりで作成したわけではありませんでしたが、
これが結果的にバックアップとなっていたのです♪♪♪(≧∇≦)b

こんな感じです。
ファイルの容量が非常に重いので2つに分けPDFファイルにしました。
(画像は少し悪いですけどご勘弁を。。。)
              ↓↓ クリック 
読み聞かせ −本の紹介− Part 1 読み聞かせ −本の紹介− Part 2
※Part 2の最後にMOMOさんと葉っぱさんのプロフィールがあります。

コレを早速、CPSPのHP(http://cpsp.ninja-web.net/yomokikase.html)にUPしました♪
今後も今までの様に本の紹介レスが入らないと過程して考えるならば、
記録として公開するという意味合いで、結果的にはこれで良かったのかもしれません。。。


このファイル、作っておいて良かったぁ〜〜〜。(^^;
これで失われた殆どの内容が復活できたと思います!
何とかバックアップデータをUPできてホッとしました・・・。



天国の葉っぱさん、とりあえずコレでご勘弁を〜〜〜。m(_ _)m






【 北海道の地で・・・ 】 − 2008.08 中旬 −

もう直ぐ『リレーフォーライフ北海道2008イン室蘭が開催される!
実を言うと、RFL北海道2008イン室蘭のホームページを管理しているのは私だったりします。(^^;
ハンドルネームはファルモルビシンではなく、あえて「まりも」と名乗っていました。
嘘をつくわけでも騙すつもりでもなかったのですが、ある理由で今まで黙っていたのです。
時もある程度経過し、ほとぼりも冷めた事だしイイかなぁ〜って感じで公表しちゃいます。(笑)

昨年の10月、優菜のママさんから直メールが届きました。
内容は、北海道でRFLを実施する事に際し、私が経験してきた事の中から
「何でも良いのでアドバイスが欲しい・・・」との事でした。
私は人にアドバイスできる程偉くはないし、私自身頭の中も整理できていなかったので
何をアドバイスして良いか?上手く思いつきませんでした。。。
結局、RFLを行うという事は、素人達が集まって実行委員会を作りその中で試行錯誤して
行うという事であって、私が思いついた事を文章にしてメールで伝えたとしても
本当に役に立てるのか???と疑問に感じたりもしていました。
それならば、私の田舎の北海道の事でもあるし、頑張られている優奈のママさんのためにも
遠くからでも手伝える事はないか???と考えました。
現在私が住んでいる千葉県から北海道のママさんや実行委員へお手伝いできる事・・・
それはやはりネット上で・・・という事になります。
私も一応実行委員に入れてもらい、ホームページ担当としてやっていく事になりました。
ご覧頂いている方も多いと思いますが、↓このHPです。



さすがに遠いこともあり、北海道実行委員の会議には一度も参加できませんでした。
実際やってみて、かなり難しい・・・と感じました。
やはり直接お会いせず、ましてや会議にも参加していないわけですから、
状況をなかなか把握する事ができませんでした。。。
実行委員専用のメーリングリストもありましたが、話はチンプンカンプン・・・(^^;
<私の頭がノータリンなだけなんですけど。。。(^^;
実行委員数名の方にHPで何をお知らせすれば良いのか?等、私に直メールをして頂く様お願いし
逆に手間を取らせてしまったみたいで、返って足手まといになった一面もありました。(^^;
まぁ、そんなこんなでHPを作成して管理をしてきましたが、
私がRFL北海道のHP上で「まりも」と名乗っていた理由には、ある出来事のために
そうせざるを得なかったのでした。

昨年のRFL芦屋が終わり、CPSPの掲示板にある女性の書き込みがありました。
その内容は、
「夫と二人でRFL芦屋に参加したが、誰とも話せず淋しい想いをして会場を後にした・・・」
というものでした。
RFL芦屋はCPSPではなく、リレー・フォー・ライフ関西実行委員会が運営したものでしたが
CPSPのスタッフの中には実行委員として働いていた者もいたことから、その方達から
配慮不足の謝罪と今後の参考として紳士に受け止めていく内容のコメントがレスされました。
しかし、その淋しい思いをしたと書き込んだ女性は退きませんでした・・・。
返信したコメントの文句の揚げ足をとり、
「それはおかしいですよね!?」
「どうしてくれる!」みたいな殆どクレームに近い形のコメントに変化していったのです!(汗)
また、
「私は末期患者です!甘えないで欲しい!」とワケが解らないコメントまで入りました。
話の流れから、この人は末期の患者ではなく狂言であると確信しました。
私はこれまで多くの末期癌患者と接する機会がありましたが、末期の患者はこの様な
考え方をしませんし、決してこういった行為は行いません。。。
CPSPのスタッフが何度となく謝罪しても許さない勢いでその女性のコメントはエスカレートし続け、
あげくの果てにはハンドルネームを変え別人になりすまし、複数からのクレームの如く
偽造工作をしてきました・・・。(−−;
正直、これには参りました。完全に「荒し」の常套(じょうとう)手段だからです。。。
私は掲示板を管理している手前、掲示板には誰が書き込んだのか?が管理画面から判断できます。
IPアドレスからその人がどこに住んでいるか?等も捜索する事ができます。
最初に淋しい思いをした・・・と書き込んだ女性と、後から名前を2度も変え強烈にクレームを
つけてきた人物は全くの同一人物であったので、見ていて呆れてきました・・・。
掲示板はクレームを通り越して、もはや個人のストレス解消の場と言って良いぐらい荒れ続け、
コメントを返したスタッフを非難中傷する内容も書き込まれました。
挙句の果てには全く無関係の優奈のママさんの名前まで出てくる始末・・・。(−−;

掲示板でのやりとりの中で、どれだけ沢山のスタッフが傷ついた事でしょう。。。
「文章だけのやりとり」というものは恐ろしいもので、第三者が見てそれ程でもないと感じた
コメントであっても当事者としてはかなり傷つく場合があります。
今までやってきた事を否定されての中傷文には複数のスタッフ達の気持ちが折れていきました。
私も折れました・・・。何の為にここまでやってきたのだろうと・・・。
あの頃は掲示板を見るのが本当に嫌で胃が痛くなる程でした。。。
もうRFLの活動を辞めようか・・・と本気で考えたりもしました。

一番恐れていた事は、RFL芦屋の実行委員の皆さんが掲示板を見られてどの様に感じたのか?
・・・という事です。勿論、非常に不快に感じたのだろうと思います。
4,000人の来場者数を超えたRFL芦屋は誰が見ても大成功のイベントでした。
実行委員達の汗と涙の結晶は半端ではなく、癌という病の認識を日本でも高めていく事、
また今後各地へRFLを波及していく事を考えたとしても、RFL芦屋の成果はもの凄く有意義で
あったものと誰もが感じていた事でしょう。
それが、たった一人の女性のストレス発散の為に、多くの方達が傷ついてしまったのです。
エスカレートし続けた女性のコメントはあまりにも稚拙で醜くいものでしたので、
私はそれまでのレスを全て削除し、その女性が2度と掲示板に書き込めない設定にしました。

途中、複数のスタッフから
「こんな想いをするぐらいだったらRFLの活動を辞めたい・・・」
私宛にメールも届きました。。。
私もダメージがかなり大きく、いっそのことRFLの活動を辞めようか・・・と
気持ちが折れていた矢先の事でした。
私が辞めるのは別に何の支障もない事と思いますが、強い志がある優秀なスタッフ達が
こんな事で辞めていく事は非常にもったいない話だと感じました。
そこで発想を転換して、先ずは自分自身の折れた気持ちを復活させる事にしました。
どうやって復活させたかというと、考え方を「ごく普通」に変えたのです!

普通に考えてみたら・・・、RFL芦屋に来られた人は4,000人。これはどう考えても大成功だろうと!
4,000人はありえないので、その半分の2,000人、更にその半分の1,000人でもいい、
多くの人達が同じクレームをつけてきたら話は別ですが、たった一人の愉快犯のために
心を折ってしまうのは考えたら非常にアホらしい!!!・・・と思ったのです。(笑)
淋しい想いをした・・・という事に関して運営側としては今後配慮すべき点があるにせよ、
それを理由にクレームをつけ続け掲示板を荒し、多くのスタッフを傷つけるという行為自体
話は別問題となります。何もせず自分の都合の良い意見ばかり言うのは誰でもできるという事です。
RFLは全員参加型のチャリティーイベントであり、参加者はお客様ではありません。
参加費を払ってRFLに参加するわけですが、払ったお金は全てチャリティーとして寄付されます。
ここの認識が日本ではまだ浸透しきれていない事が、この様な問題を起こす要因になるのだと
思いました。お金を払ったお客様気分の参加者が、一般のイベントと同感覚で
ちょっと気に入らない事があれば「どうしてくれる!」みたいなクレームへと変化したのだと
解釈する事もできます。

RFLを運営する側の実行委員は、お金を貰っているわけではなく全て無償で働いていています。
それぞれ個人の目的は異なるにせよ、日本でRFLを行いたいという想いが強い集団です。
誰から頼まれるわけでもなく、お金を貰えるわけでもなく、
自分の時間を割いて活動しています。
そこには強い意思と信念があるのです!
あくまでも個人的な見解ですが、参加者側も
『自分は何のためにRFLに参加するのか?』
自信の目的を明確にし、意思を強く持つ事が必要があります。
その目的・意思は個人個人違っても構いません。
確固たる目的・意思を持ってRFLに参加すれば、更にRFLで有意義に過ごす事ができるのでは
ないだろうか?と考えています。

・・・と、前置きがやたら長くなりました。m(_ _)m

これら一連の騒動は、運悪くRFL北海道のHPを立ち上げる直前に起きた出来事でした・・・。
この様な事情もあり、2008年度第一弾となるRFL北海道のHPで
またもや「ファルモルビシン」と名乗る男が掲示板でウロチョロするのもアレかな???と感じ、
別のハンドルネームでRFL北海道をやっていく事にしたのです。(^^;
別HNで私もなりすまし?状態・・・となるわけですが、当時一番注意していた事は、
CPSPの掲示板を荒らした「荒し」や今後も発生するであろう「新たな荒し達」が
立ち上がったばかりのRFL北海道のHPに流れ込み掲示板を荒らす事が無い様、
自分なりに配慮した行為だったのです。(^^;

別のHNの候補としては北海道らしく「ヒグマ」や「北キツネ」、「毛がに」なんかも考えましたが、
どれもパッとせず結局のところ「まりも」にしました。
「まりも」の由来は、知る人ぞ知る北海道のおみやげキャラクターまりもっこり』。
以前はるっちが、私が携帯電話に付けていたまりもっこりのストラップを見て、
私に『ファルもっこり』とあだ名を付けた事もあって、これでイイやぁ〜って感じで「まりも」にしました。
可愛らしいでしょ!?(爆)

2008年に入り、RFL北海道の開催場所として札幌や優奈のママさんが住まれている伊達市等
様々な候補地が上がりましたが、最終的に室蘭市に決定しました!
室蘭と言えば、モロ私の田舎じゃん!!!Σ( ̄□ ̄lll)
・・・運命というものなのでしょうか???
癌に罹り、RFLを行う様になり、そして地元北海道でもRFLを行なえる・・・。
それがしかも私が育った室蘭の地でRFLを行えるのか・・・。何とも考え深いものがあります。。。
でも、これは同時に幸せな事なのだとも感じています。。。

北海道初となるRFL開催まであと一歩!
各地でRFLを行うという事は、風土や土地柄、温度差もあり非常に難しい事なのだと思います。
開催を心待ちにし残念ながら途中で亡くなられたサバイバーの方もいらっしゃいました。
私は、多くの苦難を乗り越えてきたママちゃんはじめ、強い信念を持ち地元で頑張られてきた
実行委員の皆様方には頭が上がりません!
言葉にならない程感謝致しております。

m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

まりもは一度もRFL北海道の会議に参加できませんでしたが、
8/30、31開催日当日本番にて、やっと実行委員として初参加致します!(^^;









【 ありがと室蘭 】 − 2008.09 上旬 −

リレーフォーライフ北海道2008イン室蘭は大成功に終りました!
ホント、最高!の一言につきます。

これは地元で頑張られた実行委員の努力の賜物だと思います!
優奈のママさんはじめとする実行委員の皆様、どうも有難うございました。m(_ _)m

とても素晴らしい写真が沢山撮れました! 
RFL北海道のホームページに報告用としてUPしていますので、ご覧下さい♪(^^)

  



あと、「まりも」としての報告ページも作りました。
「まりも」の報告ページはあくまでも「おまけ」です。(笑)
メインはRFL北海道の報告ページですので、そちらをご覧頂いてから
ついでに「まりも」の報告ページをセットでご覧下さ〜い♪

              


次へ→ 
←戻る